社会課題をクリエイティブに解決しよう!

「Social Creation」は社会の抱える様々な課題をクリエイティブに解決するためのアイデアを創出し実装を目指すプロジェクトです。

2022年度のお題

実証エリア

東京・竹芝地区

今回の実証エリアになるのは東京・竹芝地区です。都内各所からのアクセスも良く、企業のオフィスが多くある一方で、伊豆諸島や小笠原諸島への玄関口としてのふ頭や、河川や港湾などの水辺、旧芝離宮恩賜庭園の緑があるなど、都心でありながらも自然豊かなエリアです。 現在竹芝地区では、スマートビルである「東京ポートシティ竹芝」をはじめとした周辺エリア(28ha)のまちづくり・エリアマネジメント活動をベースに、産官学民が連携しながら、公共空間の利活用、ロボットを活用したまちづくり、島しょ振興活動、水辺の活用、MaaS実証実験、デジタルを活用したエリアマネジメントなどスマートシティに向けた実証実験を数多く行っています。 今年度はスマートシティ推進における課題解決、東京ベイエリアや国内の他のエリアへの展開、さらには未来ビジョンに基づくまちづくりに向けた提案を行います。

スマートシティ化

舟運の活性化

地方自治体DX推進

ブランディング強化

アート×多様性

詳しく見る

過去のお題

2020年度の実績

東京・竹芝地区を実証エリアとし、「ブランディング強化」、「滞留性の向上」、「スマートシティー化」、「ふ頭活性化」以上4つのお題をもとに調査し、アイデアの提案を行いました。 その中でも、特定の場所やお互いの音が呼応することで街歩きを活性化するスマートリストバンドのプロトタイプ製作や、竹芝の街全体で統一したブランディングイメージの実装に取り組みました。また、自分たちで描いた建物が3Dになるワークショップを各地で開催するなど現在も継続して活動を展開しています。

詳しく見る